CINEDRIVE2010 受賞コメント

CINEDRIVE2010受賞の4監督よりコメントをいただきました
以下をご覧ください
http://www.planetplusone.com/cinetlive/2010/event.html

CINEDRIVE2010は終了いたしました
ご来場いただいた方々 出品監督の方々
ありがとうございました

シネドライヴ実行委員会


| | コメント (0) | トラックバック (0)

シネ・ドライヴ2010シネ・ヌーヴォXの様子2

3週間に渡り開催してきたシネ・ドライヴも終わってしまいました。
今回は以前にも増して非常に中身の濃い上映会になったと思います!
それでは、ご来場下さった監督たちの舞台挨拶の様子です!

Dscf2115_3

Dscf2149_2

Dscf2154

Dscf2164

Dscf2173

Dscf2186

Dscf2190
4/6上映『便ちプレス』の中川真輔監督(左)と
『Pal』の舟木健児監督(右)。
どちらも学生時代の作品で、お二人とも卒業されていますが、
今後も意欲的に映像制作を続けていかれるそうです!

Dscf2195

Dscf2204

Dscf2213

Dscf2220
『己が魂のために』の中島裕作監督と出演の森直将さん。

Dscf2232
4/8上映『レイクサイドミリオンワールズ』の合津貴雄監督。
立命館大学映画部のみなさんで製作された作品。
大量のスモークを焚くシーンでは、予想以上に煙ってしまい
とても大変だったそうです。

Dscf2234

Dscf2241
4/9上映『2007年2月2日』の安川有果監督。
シネ・ドライヴ2010 桃まつりpresentsうそセレクションにて
最新作の『カノジョは大丈夫』も上映。
処女作である『2007年2月2日』の時とは、撮影環境やスタッフワーク、
演出方法など、だいぶ変わったそうです。

Dscf2247

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シネ・ドライヴ賞 vol.2

シネ・ドライヴ2010の受賞についてHPにアップしました

http://www.planetplusone.com/cinetlive/2010/event.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デイリー通信|最終日

21日間を駆け抜けてCINEDRIVEもいよいよ最終日となりました。
連日たくさんのお客さまにきていただき、今日も大盛況のなか、
『ホールイン・ワンダーランド』の舞台挨拶がおこなわれました。

Photo
清水艶監督(右)と、主演の子役花田優里音さん(左)

優里音ちゃんの将来の夢は、
「清水監督のような映画監督になることです」
だそうで、セットで撮影ごっこなどをして過ごすなど
たのしい現場だったことを話してくれました。

∂∂∂∂∂∂∂∂


| | コメント (0) | トラックバック (0)

デイリー通信|第20日目

Planetスタッフ和田です。
今日はついにシネドライブ最終日前日。
本日の前半のラインナップは東京藝術大学制作の作品を中心に全て16mm上映の作品と見ごたえのある作品が揃っていました。そして最後の『秘孔』上映後に、『SEX END CITY』の中山洋孝監督とヤング・ポール監督の舞台挨拶が行われました。

Ca390467

(左 ヤング・ポール監督)

トークは、本格的に劇映画を撮れるフィールドに行きたかったというポール監督の東京藝大に入学する経緯から始まり、独特のテイストを持つ本編の制作談へと移ってゆきました。
大学の課題作品として制作された本作は、他人の書いたシナリオで映画を撮るということを観点においた課題制作の中で、同期の製作コースで学ぶ堀口憲一さんが書かれた監督も動揺したほどのB級テイストに溢れてベタな本作品の脚本を講師側から宛がわれてスタートしたそうです。
ただ、宛がわれた意図的なB級テイストや少年漫画調(北斗の拳!)も、撮影当時は香港アクション映画からロシア映画まで多ジャンルを複合、横断する映画作品として完成させる意気込みで制作されたそうですが最終的には主演のなかみつせいじさんのプロとしての演技力が映画秘宝系の流れにも通じる作品に収まらせてくれたそうです。また大学の講師側からの評価も黒沢清監督からは主演のなかみずさんや現場スタッフの存在感を賞賛され、編集コースを担当されている筒井武文さんからはB級テイストの作品だから仕方がないが、人物の「驚き」を撮る際にクロースアップを多用しすぎたせいで、「驚き」という表象が単一なものとして記号化されているなど批評されたが、概ね好評得られたとお話されていました。
 また、本作以降、監督は二作品を完成させているそうで、自身の映画制作の目指す地点を「観客が見て困惑する、判断停止状態にさせるような作品」だとおっしゃられており、本作のようなジャンルを越境する作品をも難なく完成させてしまうポール監督の新作には期待せざるを得ません・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«シネ・ドライヴ賞発表